≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

 

ラジオを買ってきました。




s_CIMG0445.jpg
(ツマミ、マジックアイを外した状態です)


外観、中身共に状態はいいのですが、

修理するには厄介なものでした。






s_CIMG0429.jpg


ツマミがひとつ、外れにくいものがあったので、

グイグイと回しながら引っ張ったら、折れてしまいました。

その折れたものを引っ張っても、やはり取れません。

どうも、外れやすいからと言って、前の持ち主が

接着剤で付けたようです。

一時的にはいいのでしょうが、

修理するときは非常に困ります。

だからと言って、つまみを取らないわけにはゆきません。

このラジオ、音が出ないのです。







s_CIMG0430.jpg


よく見たら、ツマミ前の金色の部分が取れていました。

よくここに来るまで外れていなかったなと思います。





s_CIMG0446.jpg


さて。中身を見たらなんと!

コンデンサーの紙が切れていたり、無くなっていたりしていました!

これでは容量が読めません。

だからといって、回路図もありません。

ビクターのmT管ラジオは、ほとんどが回路図無しです。

仕方が無いので、標準的な回路と照らし合わせ、

回路に無いはずの部品は、容量が分かった部品と大きさで確認です。





現在修復中です。しばらくお待ちください・・・
スポンサーサイト
2011. 04. 06. (Wed) 16:42  [ラジオ関係コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。