≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

途中経過 

皆様、お久しぶりです。

しばらく更新をしなかったわけは、色々と忙しかったからなので、
どうかお許しください。


さて、完全に出来上がるまで公開しないこととしていましたが、
この前、「出来上がって無くても、早く見せて!」とある人物に言われたので、
少しだけ途中経過をお知らせします。

しかし、写真を出してしまうとつまらなくなってしまう方も居ると思いますので、
文章だけで失礼します。




~検波器を、自作品と市販品のものを使用~

検波器は自作の固定式検波器と、市販の固定式検波器を使います。

両方を一緒に使うわけではありません。

音質、音量などを比べたりする実験に使います。

あ~、でも市販品のものは高価だったので、使わないかもしれません。




~外見~
まず、ベースは木の板です。そこに色々貼り付けていきます。
線などの経由はラグ板です。
同調ダイヤルはアクリル板に取り付け、木の板と垂直にして、端に付けます。




~バリコン~

やっと360pFのエアバリコンが届きました。

一緒にバーニアダイヤルも買いました。


しかし!その後になって、ラジオ少年にバリコン単体が激安で売られていたことを思い出し、
ああ、がっくり。

ダイヤルもダイヤルプーリーにすれば、安く済んだのに・・・

ま、外見を良くする為にも、バーニアダイヤルの方はいいな。

でも、B型ツマミとか、C型ツマミでも外見はよくなったかも・・・?!

スポンサーサイト
2009. 09. 20. (Sun) 16:11  [ラジオ関係コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。