≪ 2016. 04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2016. 06 ≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

また買っちゃった・・・ 

真空管ラジオの値段が高騰してきたことや、自分自身の興味の対象もアナログ系からデジタル系になったということも関係し、去年あたりからアナログ的なことから遠ざかっていました。
骨董市も前は結構行っていたのですが、一人暮らしを始めたがためにそこに行くための「足」がなくなってしまい、電車で行くのも面倒だなと全く行かなくなっておりました。

しかし最近、「Twitter」で自分と同い年かそれ以下ぐらいの方々(高校生ぐらい)が真空管ラジオや真空管テレビを修理しているのを見つけ、その方々の高い技術力と豊富な知識量に驚かされてしまいました。

そこで、「俺も負けてられないぞ」と妙な攻撃心好奇心が沸き立ち、さらに最近「足(原付)」ができ、骨董市へも容易にいけるようになったことから、ラジオをまた買ってみることにしました。

自分の近くで行われていた骨董市はあまり大規模ではないのに加えて、行った時間が早すぎたためか、ほとんど真空管ラジオはありませんでした。
あっても少々値が張るものばかりでしたが、時間も無いしせっかく来たんだからと、ちょっと高いけどとりあえずラジオを購入しました。

昔みたいに時間をかけまくって値段交渉するというのも、なんだか疲れてしまいました・・・。


とまあ、前フリが長くなりましたが、以下が今回購入したラジオです。

new_IMG_0778.jpg

(注:今回の記事は写真が多いため、お使いのパソコンによってはフリーズする可能性がございます。ご了解いただけましたら以下の「続きを読む」をクリックしてください。スマートフォンの方はそのままスクロールしてください)


続きを読む

スポンサーサイト
2016. 05. 29. (Sun) 03:43  [ラジオ関係コメント:0  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。